生まれ変わった消費者金融

消費者金融は2010年の貸金業法の施行によって制限を受けるようになりました。総量規制など、利用者の利用範囲も制限されるようになったと感じる方もいるかもしれませんが、貸金業法によって利用者の立場は格段にアップするようなものとなってきています。


消費者金融と貸金業法

貸金業法は、消費者金融などの銀行以外の貸金業を営む業者を取り締まるものです。この法律の骨組となる3つの柱は、総量規制、上限金利の引き下げ、消費者金融事業への取り締まり強化です。総量規制では「年収の3分の1以上の借金があるものに新規の貸付を行ってはいけない」というものです。利用者はこの法律によって、借金増大の歯止めがきくという訳です。


総量規制の例外とは

しかし、借り換えや一本化など完済に向けた取り組みである場合のみ例外に指定される事があります。既存の借入業者よりも金利が低いなど、利用者が借換えによって段階的に借金を減額する事が認められる商品に限り、利用者に一方的に有利な契約である事を絶対条件として例外的に借入を許可するものです。また、上限禁裏の引き下げと同時にグレーゾーン金利の撤廃がなされ、それまでの過払い金を請求できるようになった事などは、多重債務者を救済することとなりました。

【参考サイト】
おまとめローンの比較サイト()
おまとめローンを扱う業者は銀行系と消費者金融系に分類されます。上記のサイトでは、それぞれの特徴紹介や比較が行われています。

カテゴリー: 消費者金融 パーマリンク