消費者金融への返済が出来なくなったらどうする

消費者金融のCMやホームページなどを見ると「計画的に利用しましょう」のような文面が書かれている。だが高金利にも関わらずお金を借りる人はたいがい借金管理ができず返済能力が低い方が多い。金利が高いがために返済しても元本が減らず期限が来てまた違うところころから借金をしての繰り返し。あげくのはてには、返済できない状況に陥る。そういった場合には裁判所を通じで月々の返済を減らしてもらう方法があります。


<無担保だからといって安心しないで>

消費者金融は無担保融資で即日発行が多いため利用者が多いようです。ですがその大半の方が借金に借金を重ねて返済に苦しんでいます。CMなどで「ご利用は計画的に」などといわれていますが、そもそも消費者金融で借金を繰り返している方に計画的にというのは難しいのです。


<返済できないときに役立つ法律>

借りたものは返すというのは当たり前のことですが、高金利で借金をしているためになかなか元本が減らず返済が出来なくなることがあります。その時には裁判所を通じて返済を考えることが出来ます。「任意整理」は謝金額を減らしてもらったり、月々の返済額を減らしてもらったりする方法です。「調停」は貸した側と借りた側が裁判所を通して返済額や返済期間など話し合うことです。最終手段として「自己破産制度」があります。裁判所に破産申し立てをして免責がおりれば借金はなくなります。このようにいろんな方法はありますが、やはり計画的に返済するのが一番です。

カテゴリー: 消費者金融 パーマリンク