消費者金融と闇金の違い

消費者金融は貸金業法やその他の法律を厳守し、その中で健全な経営を目指しています。しかし貸金業法の改正などによって「自転車操業ができなくなった利用者」は、致し方なく違法業者に借入を申し込むということも増えました。それが所謂「闇金」と言われるものですが、この時代になって闇金は以前の闇金よりもさらに悪質なものとなっています。消費者金融は「闇金への警戒」を呼びかけていますが、利用者は増加傾向にあります。闇金被害に合わないためには、どのようにすればいいのでしょうか。


<正規の消費者金融を語ることもある>

正規の消費者金融には登録番号をもっています。違法業者の場合には当然そのような登録はできませんので、登録なしで経営します。また登録番号を記載していても架空のものを使用していたり、紛らわしいものを使ったりしています。また名称についても実際にある貸金業者と見間違うようなものを使い、安心させるということも多々見られます。大手や準大手の消費者金融は、DMによって利用者を募ることはありません。また「ブラックOK」「審査なし」のような文言は使いませんし、常識を逸脱した低金利はありえません。そのような釣り文句を明記しているものは、闇金の可能性が高くなります。

カテゴリー: 消費者金融 パーマリンク