消費者金融と相続問題

身内の誰かが亡くなってしまった時、資産を受け継ぐことを相続と言いますが実は借金も相続されるんです。
亡くなった人が消費者金融で借金をしたままだと、今度はそれも相続しなければならないので受け継いだ人が大変です。
資産よりも借金の方が多かった場合、得にはなりませんから相続を放棄することが出来るようになっています。
相続放棄するには、3か月以内に家庭裁判所に申請する必要があるため、必ず忘れないようにして下さいね。


勝手に消費者金融の保証人にされた!

例えば、旦那や妻が自分の名前を勝手に連帯保証人の欄に書いてしまったらどうなるのか。
代わりに消費者金融の借金返済をしなければいけないのか、いいえ、それは無効なので返済する必要はありません。
勝手に書かれてしまっているので同意の上ではないから、無視して大丈夫だと言われていますので安心して下さい。
それでもしつこく迫られた場合や話が進まない場合は、弁護士に相談をするのがいいと思いますよ。


借金を防ぐには

借金を防ぐ為には、やはり少額の借入をすることが一番ではないでしょうか。
また、自分でこれ以上は借入しないようするとか、自分なりに努力や工夫をしてみてはいかがでしょう。
もし、家族が借金を繰り返していて家族にこれ以上借金をさせたくない場合は、公正証書を利用することをオススメします。

カテゴリー: 消費者金融 パーマリンク