即日に借り入れを行いたいなら消費者金融に頼ろう

生きていれば、その日のうちに大金を用意しなくてはならないという状況になってしまうこともあるでしょう。
しかし、友人や家族に借りるとなると時間がかかってしまったり、今日中には借りられないということになってしまったりします。
そんなときに頼りたいのが、消費者金融です。
なぜ急いでいるときにおすすめなのかを説明します。


消費者金融は早さにこだわるキャッシング機関

消費者金融と呼ばれるキャッシング会社は、お金を貸すことに特化してきたところですので、その制度がきちんと整っています。
そのため審査のスピードも早く、融資までも即日で辿り着くことが可能なのです。
金利が銀行カードローンよりも若干高いですが、お金を貸してくれるまでの早さ、審査の通りやすさなどを考慮に入れればとっても使いやすいキャッシング機関なのです。
とにかく急いでいるという方はぜひ利用してみてください。


銀行と提携している消費者金融を選ぶといいかもしれない

通常、消費者金融からのお金はATMを通じてゲットできますが、手持ちの口座がその会社と提携していた場合はそこから手に入れることができます。
ATMだと引き出す際に手数料を支払わなくてはならなかったりするので、口座を通じてやり取りを行った方がお得になりますよ。
自分がよく利用している銀行がどこかの消費者金融と提携していないか確かめてみましょう。

カテゴリー: 消費者金融 | コメントする

キャッシングのチェックポイントと重要な要素

お金を借りるとなると返済は可能だろうか、取り立て屋に悩まされることはないだろうか、対外的に自分の信用が落ちるのではないだろうかなど、不安要素が一杯あります。しかし、好むと好まざるとにかかわらず止むを得ず、キャッシングの必要性に迫られることは良くある事です。これらの不安を取り除くため、事前に必要事項をチェックしておけば、不安を感ずることなくお金を借りることが出来ます。


<金利だけではないチェックポイント>

最も大切なチェックポイントは出来る限り金利が低いこと、これが重要であることは間違いありません。それ以外のポイントしては、当該金融機関の企業が銀行傘下あるいは大手の上場企業の系列化である事、審査が迅速に行われる事、土日祭日でも借り入れが出来る事、借り入れ後のサポートをしっかりやってくれること、さらに一歩進んで借り入れた場合その金融機関の条件に合った返済シミュレーションができるソフトを提供してくれる事等は、チェックポイントの必須アイテムとして頭に入れておきたい要素です。


<キャッシングの問題を他の要素に波及させない>

仕方なくキャッシングをすることになっても、健全な返済計画を実行すれば問題は生じません。しかし、返済が滞った場合や複数の金融機関からの借り入れが重なると、生活への悪影響が大きくなります。お金を借りる問題は、借り入れ・返済の問題の範囲にとどめる努力は、健全な生活を送る上で重要な要素です。

<PR>
キャッシングの即日審査・・・キャッシングに関する様々な情報を掲載している「キャッシングまとめナビ」。即日での借り入れについても記載があります。

カテゴリー: 消費者金融 | コメントする

生まれ変わった消費者金融

消費者金融は2010年の貸金業法の施行によって制限を受けるようになりました。総量規制など、利用者の利用範囲も制限されるようになったと感じる方もいるかもしれませんが、貸金業法によって利用者の立場は格段にアップするようなものとなってきています。


消費者金融と貸金業法

貸金業法は、消費者金融などの銀行以外の貸金業を営む業者を取り締まるものです。この法律の骨組となる3つの柱は、総量規制、上限金利の引き下げ、消費者金融事業への取り締まり強化です。総量規制では「年収の3分の1以上の借金があるものに新規の貸付を行ってはいけない」というものです。利用者はこの法律によって、借金増大の歯止めがきくという訳です。


総量規制の例外とは

しかし、借り換えや一本化など完済に向けた取り組みである場合のみ例外に指定される事があります。既存の借入業者よりも金利が低いなど、利用者が借換えによって段階的に借金を減額する事が認められる商品に限り、利用者に一方的に有利な契約である事を絶対条件として例外的に借入を許可するものです。また、上限禁裏の引き下げと同時にグレーゾーン金利の撤廃がなされ、それまでの過払い金を請求できるようになった事などは、多重債務者を救済することとなりました。

【参考サイト】
おまとめローンの比較サイト()
おまとめローンを扱う業者は銀行系と消費者金融系に分類されます。上記のサイトでは、それぞれの特徴紹介や比較が行われています。

カテゴリー: 消費者金融 | コメントする

消費者金融と銀行の違い

消費者金融における借り入れと、銀行における借り入れとの違いについてご説明します。一般的に消費者金融の方は審査がゆるく、銀行の方が厳しいというイメージがありますが、それだけではない両者の決定的な違いについてお教えしますので、是非今後の利用の際には役立ててください。


消費者金融の方が審査が早く、そして簡単

まず消費者金融の方が銀行に比べて審査が迅速で、即日での融資も可能となっているところがほとんどとなっています。そういった速さの面での利便性なども審査がゆるいと思われる要因の1つとなっています。確かに銀行に比べて審査がゆるい傾向にある様です。土日での審査が可能となっているのも消費者金融の強みであり、審査も非常に簡素化されてきています。


それぞれのメリットでしっかり選ぼう

銀行は審査には時間がかかるので即座に借り入れをしたいと考えている人には不向きですが、金利の利率は低くなっていることが多いです。また銀行での借り入れは総量規制の対象外となっているので、すでに年収の3分の1以上の借り入れをしていても新規での借り入れが可能です。それに対して消費者金融で借り入れできるのは、年収の3分の1までの金額と決められています。それぞれの利点を抑え、自分に合った方を利用しましょう。

カテゴリー: 消費者金融 | コメントする

消費者金融からの借り入れと銀行融資

消費者金融と銀行が持っている違いをしっかり説明できる人はいるでしょうか。
どちらからお金を借りてもそんなに変わんないだろう…。そんな風な軽い姿勢でお金の借り入れに臨んではいけません。もっとしっかり意識を高く持ってお金を借り入れてください。
やはりカードローンと聞けば宣伝のこともあり消費者金融が一番最初に思い浮かぶ人は多いでしょう。でも銀行カードローンのことを忘れてはいけません。どちらからお金を借り入れるべきなのか。それをしっかり把握するためにはより自分のことを理解しておかなければなりません。
お金を借り入れようとしているくらいですから、あなたはもしかしたらお金にだらしないのでしょうか?


消費者金融からお金を借りるのは早い

やはり銀行と消費者金融の最大の違いはここでしょう。
消費者金融からの借り入れは銀行からのキャッシングに比べ早い。審査とその後の融資に時間がとられることがないので、あなたの生活の予定を狂わせることはありません。
時間のかからないキャッシング。これすなわち、負担の小さいキャッシングであるということ。
じゃあ銀行は時間がかかるのかというと、最近はそうでもなくってきました。特に都市銀行、メガバンクのカードローンはローン契約機やWEBサービスを豊富に取り揃えて、まるで貸金業者かのような使いやすさです。
これでもかなり早い借り入れが可能。しかも金利は消費者金融と比べるとかなり低いのがその特徴です。
あれこれ悩んでいる暇はありません。早い借り入れのためには、適切な業者を選んでぱぱっとキャッシングを行うのです。


自動契約機をつかって

大手なら軒並みそろえている自動契約機。この自動契約機を使えば即日融資がかなり確実になります。
そしておすすめの自動契約機活用法が、WEBから審査を申し込み、先に終わらしておくというもの。これなら自動契約機で行うのは審査後の契約のみ。これなら自動契約機の前にいるのは30分程度、なんてこともうまくいけばあり得る話です。

カテゴリー: 消費者金融 | コメントする

消費者金融に手を出す前に

生活する中でお金に困る方は多いと思いますが、そこで簡単に消費者金融に手を出さないでください。お金のない生活から抜け出すためとはいえ、今の手持ちを増やすためだけのために消費者金融を利用することはおすすめ出来ません。


消費者金融を利用する前にしたいこと

まずは自分がどうしてお金に困っているのかを知る必要があります。収入と支出のバランスが崩れてしまうと、人は簡単にお金不足に陥るのです。そこで今自分の収入がいくらあるのか、支出は何にいくら使っているのかを家計簿に書き出してみましょう。実際に自分が使っているつもりが無くても、かなり色々なところでお金は消費されているものです。大きな出費は意識しますが、細かい出費を日々意識していくためには、この方法が一番のやり方なのです。


お金は身の回りにあるものに化けるだけ

本来は欲しいものを買い、そのお金を使った分の物が手に入ります。現金は物々交換をする手段の一つであり、自分はお金を物に変換しただけなのです。お金がないお金がないと言う人は、実はとても部屋の物が多いです。自分がお金を使った分だけ物があり、かつ細かい出費を気にしない人程物が溜まっていきます。しっかり管理出来る人は、物持ちが良かったり必要最低限の物しか持っていなかったりするのです。

お金に困ったと思ったら、まずは身の回りを整理整頓してみましょう。維持だけでお金がかかるのにあまり使用しない物などもあるでしょう。消費者金融の前にそういった物をなくし、お金を無駄に浪費する生活から抜け出す努力をしてみましょう。

カテゴリー: 消費者金融 | コメントする

消費者金融と闇金の違い

消費者金融は貸金業法やその他の法律を厳守し、その中で健全な経営を目指しています。しかし貸金業法の改正などによって「自転車操業ができなくなった利用者」は、致し方なく違法業者に借入を申し込むということも増えました。それが所謂「闇金」と言われるものですが、この時代になって闇金は以前の闇金よりもさらに悪質なものとなっています。消費者金融は「闇金への警戒」を呼びかけていますが、利用者は増加傾向にあります。闇金被害に合わないためには、どのようにすればいいのでしょうか。


<正規の消費者金融を語ることもある>

正規の消費者金融には登録番号をもっています。違法業者の場合には当然そのような登録はできませんので、登録なしで経営します。また登録番号を記載していても架空のものを使用していたり、紛らわしいものを使ったりしています。また名称についても実際にある貸金業者と見間違うようなものを使い、安心させるということも多々見られます。大手や準大手の消費者金融は、DMによって利用者を募ることはありません。また「ブラックOK」「審査なし」のような文言は使いませんし、常識を逸脱した低金利はありえません。そのような釣り文句を明記しているものは、闇金の可能性が高くなります。

カテゴリー: 消費者金融 | コメントする

消費者金融と相続問題

身内の誰かが亡くなってしまった時、資産を受け継ぐことを相続と言いますが実は借金も相続されるんです。
亡くなった人が消費者金融で借金をしたままだと、今度はそれも相続しなければならないので受け継いだ人が大変です。
資産よりも借金の方が多かった場合、得にはなりませんから相続を放棄することが出来るようになっています。
相続放棄するには、3か月以内に家庭裁判所に申請する必要があるため、必ず忘れないようにして下さいね。


勝手に消費者金融の保証人にされた!

例えば、旦那や妻が自分の名前を勝手に連帯保証人の欄に書いてしまったらどうなるのか。
代わりに消費者金融の借金返済をしなければいけないのか、いいえ、それは無効なので返済する必要はありません。
勝手に書かれてしまっているので同意の上ではないから、無視して大丈夫だと言われていますので安心して下さい。
それでもしつこく迫られた場合や話が進まない場合は、弁護士に相談をするのがいいと思いますよ。


借金を防ぐには

借金を防ぐ為には、やはり少額の借入をすることが一番ではないでしょうか。
また、自分でこれ以上は借入しないようするとか、自分なりに努力や工夫をしてみてはいかがでしょう。
もし、家族が借金を繰り返していて家族にこれ以上借金をさせたくない場合は、公正証書を利用することをオススメします。

カテゴリー: 消費者金融 | コメントする

消費者金融利用のメリットデメリット

情報技術が急速に発展している現代社会は、ネットワークを利用した非常に複雑な社会構造を形成し、金融の世界も例外ではなく消費者金融キャッシングの利用においてはある一定の収入があり、返済不履行などの経歴が無ければ店頭に行くことも無く、ネット上で審査からお金の借り入れまでを自由に出来るようになっています。誰にも知られることなくお手軽にお金を借りることが出来る非常に便利な世の中であり、消費者金融のメリットは大きなものがあります。その反面、高い利息を払うことになり返済義務と言う、その額によっては生活を圧迫しかねないデメリットも存在している事を忘れてはなりません。


<メリットの裏にはデメリットもある>

消費者金融キャッシングは、審査が早くお金の借り入れも迅速出来るメリットがある反面、利息が高く返済負担が重くなるデメリットがあります。また、消費者金融には総量規制が適用されるので、借入額の上限即ち年間収入の3分の一と言う制約があり、キャッシングの状況によってはメリットにもデメリットにもなり得ます。


<デメリットをメリットにすることも可能>

消費者金融の一見デメリットである利息が高い、総量規制がかけられるいるなどは、物は考えようでありそれをメリットに置き換えることもできます。利息が高いのでキャッシングは最低限に抑える努力をしよう、総量規制がかけられているのでこれ以上のお金は借りられない、これらは逆に考えればキャッシングへの抑制力が働くので良い結果につながります。

カテゴリー: 消費者金融 | コメントする

返済日を比較して消費者金融を選ぶ

消費者金融でお金を借りると、当然ながら返済を行う日がやってきますよね。この日を返済日などと呼ぶことがあります。引き落としで返済を行う場合には、引き落とし日などとも言いますが、お金を返す日という点に注目して消費者金融を探してみると非常に便利だと知っていますか?


消費者金融で違う返済の対応

消費者金融では、返済日が選べるもの、返済方法が選ぶことのできるものなど、会社によってこの対応は異なっているそうです。返済方法は指定口座引き落とし、ATMへ返済日に振り込むなどいくつかの方法から選ばせてくれる会社が多いのですが、返済日に関しては、指定されているものもあります。これを過ぎてしまうと遅延扱いとなってしまうことから、信用情報にも傷がついてしまうものなのです。


返済日を細かく選べると便利

返済日を選ぶことができる消費者金融を利用するメリットに、自分のお財布に余裕のあるときに返済を行うという点が挙げられます。無駄に使おうと思っていなくても、返済日とお金などが入るお給料日が遠くなってしまうと、つい使ってしまう、余裕がない中で返済を行うことになりかねません。余裕のあるうちに返済、まだ余裕があれば繰り上げ返済というように管理、返済することで、完済までの期間も早まる可能性が高いそうです。

カテゴリー: 消費者金融 | コメントする

消費者金融への返済が出来なくなったらどうする

消費者金融のCMやホームページなどを見ると「計画的に利用しましょう」のような文面が書かれている。だが高金利にも関わらずお金を借りる人はたいがい借金管理ができず返済能力が低い方が多い。金利が高いがために返済しても元本が減らず期限が来てまた違うところころから借金をしての繰り返し。あげくのはてには、返済できない状況に陥る。そういった場合には裁判所を通じで月々の返済を減らしてもらう方法があります。


<無担保だからといって安心しないで>

消費者金融は無担保融資で即日発行が多いため利用者が多いようです。ですがその大半の方が借金に借金を重ねて返済に苦しんでいます。CMなどで「ご利用は計画的に」などといわれていますが、そもそも消費者金融で借金を繰り返している方に計画的にというのは難しいのです。


<返済できないときに役立つ法律>

借りたものは返すというのは当たり前のことですが、高金利で借金をしているためになかなか元本が減らず返済が出来なくなることがあります。その時には裁判所を通じて返済を考えることが出来ます。「任意整理」は謝金額を減らしてもらったり、月々の返済額を減らしてもらったりする方法です。「調停」は貸した側と借りた側が裁判所を通して返済額や返済期間など話し合うことです。最終手段として「自己破産制度」があります。裁判所に破産申し立てをして免責がおりれば借金はなくなります。このようにいろんな方法はありますが、やはり計画的に返済するのが一番です。

カテゴリー: 消費者金融 | コメントする

消費者金融の特典を活用しよう

消費者金融では多くの会社が、初回利用特典や、メール会員へのサービスを行っています。このサービスは非常にお得なものも多くあるので、もしどこの消費者金融を利用するか悩んでいるであれば、どのような特典があるのかを比較してみてください。


消費者金融で無利息サービスが盛んに

中でも特典として盛んに利用されているのが、消費者金融の無利息サービスです。無利息サービスでは、会社によって定められた期間に返済するお金に利息がかからないで利用できます。消費者金融ではほとんどの会社が、残高スライド式リボルビング返済という方法を利用しています。この方法は返済していないお金に対して利息が計算されるので、借り上げ残高の値段と比例して、利息も高くなってしまうのです。無利息サービスを利用することで、この借り上げ残高を効率よく減らすことができます。


条件や一括返済のルールなども確認しよう

無利息サービスを受けることができる条件などは、会社によって違います。利用するとだれでも利用できることもありますし、メールマガジン登録などを行うことで、そのサービスの対象となるケースもあります。また、その期間に一括返済を行う場合は、会社によって利息がどうなるか、というのは大きく変わるので予め確認しましょう。

カテゴリー: 消費者金融 | コメントする

消費者金融はきちんと選ぶのが大事!

最近ではたくさんの消費者金融がありますが、みなさんはきちんと選んでご利用していますか?
やはり一番大事なことは、信頼できる金融業者なのかというところだと思います。
中には危ないところもありますので、そのへんに注意していただきたいですね。
あまり危機感のない方もいらっしゃるかとは思いますが、そのご利用の仕方によってはご自分の人生ががらっと変わってしまう・・・なんてことも考えられますので、ご利用の前にはよく考えた方が良いと思います。
とは言っても、どうやって信頼できる消費者金融を探せばいいのだろう?という方が多いですよね。
そんな方の為に、どの点をチェックすればよいのかご紹介したいと思います。


信頼できる消費者金融はここをチェック!

最初にチェックをすべき点は、広告やホームページにその会社の正式社名や住所、登録番号や電話番号、貸付条件などがはっきり明記されているかどうかという点だそうです。
ここがしっかりしていないと、やはり色々心配ですし危険ですよね。
また、消費者窓口や相談サポートなどの窓口対応がきちんとできているのかという点も重要だと言われています。
対応が悪いといざ何かトラブルが起きてしまった場合、何も対応してくれない可能性が高いそうなので、ここもしっかりチェックしておきたい点ですね。
他にもあるかと思いますので、皆さんも注意して見極めるようにして下さいね。

カテゴリー: 消費者金融 | コメントする

消費者金融は怖くない

消費者金融というと漫画やテレビの印象で怖いイメージがついてしまっている人も多いかと思いますが、上手に使えばとても便利で頼れる存在なのです。ここではどういう人が失敗してしまうのか確認していきましょう。


消費者金融の正しい利用方法

まず何よりも確認しなくてはいけないことがあります。それはあなたの無理のない返済金額がいくらであるかということです。一般的には月々の収入の2割が目安と言われていますが、トータルの「返済額」という意味ですのでお間違えなきようお気を付けください。月収が20万の人の場合ですと4万円まではOKということになりますが、4万円まるまる消費者金融カードローンの返済に充てる計算をしてしまうと困ることになる人が多いです。


追加融資を避ければ大丈夫

そうすると何か不測の事態が起きた時に咄嗟に使えるお金がなく、結果追加で融資を受けることになるという人も多々います。それを2回、3回と繰り返してしまうと、今、自分がいくら借りているか分からなくなってしまい、結果的に「2割」の目安を超えてしまうことになりかねないのです。
なので、1.5割を目安にし、1回借りた分を完済するまでは追加融資を受けないということだけを肝に銘じていただければ大丈夫です!

カテゴリー: 消費者金融 | コメントする

消費者金融が行っているおまとめローン

消費者金融で現在人気が非常に高いサービスにおまとめローンがあります。これは複数の債務を1つにまとめて、利用者が抱える返済の負担を減らすことが目的となっています。これは新しいローンとなるので、審査が必要になります。この審査で注目されると言われているポイントをご紹介します。


値段よりも会社の数をチェック

おまとめローンでは、金額の大きさが同じであれば会社の数は少ないほうが審査には通りやすいと言われています。これは、一社からの債務の上限が大きいということで、以前にきちんと高い金額を貸しても返済能力はあると判断されたことがあるという意味で、返済を行える人だと判断するからだと言われています。逆に小さな金額でいくつも債務を抱えていると、限度額が上がらずにあちこちから借りていると思われてしまうこともあるそうです。可能であれば、小さな金額の融資は完済してから申し込むのもいいかもしれません。


おまとめローンで気を付けたい返済期間

消費者金融などでも、借りる金額によって利息は法律で上限が決められています。そのため、100万円以上になると利息の上限が下がります。この方法を利用すると、利息が安くなる場合もあるそうです。ただし、金額がまとまることで毎月の返済金額が変わるわけではありませんし、返済期間があまりに長くなってしまうと、逆に長期に渡って利息を支払い続けることになります。このバランスをしっかりと計算してから申し込みをするようにしましょう。

カテゴリー: 消費者金融 | コメントする

消費者金融の特徴

消費者金融というのは信用を審査して個人を対象にお金を貸してくれるサービスです。申し込み方法も多様で、一人一人に合わせた申込方法が利用できます。審査にも時間がかからず、わずかな書類だけ持って行けば30分程度で即日現金が借りられるというケースもあります。また返済の方法も豊富で、無理の無い返済プランを立て、返していくことが可能です。


利用に合わせた返済方法

返済方法には消費者金融の店頭での他ATMでも返済できます。現金書留で送ることも可能です。返済日は利用者の都合に合わせて決める事が出来ます。ゆとりがある場合は余裕を持って返済する事も出来ます。また、リボルビング方式と言うものもあり、決まった額の中なら使いたい時に使い、返したい分は返す事が出来るので便利です。


安心できる消費者金融を利用する

消費者金融にもさまざまな会社がありますが、JCFAという日本消費者金融協会の会員証を掲げているかどうかも一つの目安です。会員であれば安心して利用することが出来ます。登録番号の中のカッコ数字は登録の更新ごとに増えてゆきますので、数字が大きい方がより長く営業しているということになります。JCFAは消費者金融を利用する人々を支援や保護するための団体で、多重債務者に対するカウンセリングなども行っています。

カテゴリー: 消費者金融 | コメントする

消費者金融の審査はゆるいのか

銀行のキャッシングと消費者金融のキャッシングの審査では銀行の方が厳しいというようなイメージがあります。では実際はどうなのでしょうか。審査がとりお行なわれる仕組みを解説していきます。


銀行の審査と比較すると

銀行の審査では、銀行単独ではなく保証会社と共に2社で行なわれます。その保証会社には大手の消費者金融が任されている事がほとんどです。審査ノウハウが銀行にも信頼されているのです。消費者金融の審査は単独で行われるため、2社体制で行われる銀行の審査より厳しくなる事は考えにくいでしょう。また余談ではありますが、銀行で借入れを行なった利用者が返済不能になった場合は、代わりに保証会社が返済額を支払う代わりに債権が受け渡される形となります。


安心のサービスを提供する消費者金融サービス

キャッシングサービス利用者が多額の借金を負う事が多くなった事から、一時消費者金融のイメージは大変悪くなりましたが、最近では金利や審査の見直しなどが行われより利用者に寄り添った内容になってきています。また、国が定める貸金業法などに消費者金融は規制されるため、無理な貸し付けは一切行っておらず安心して利用できる環境が整えられています。

 

 

 

カテゴリー: 消費者金融 | コメントする

消費者金融で収入証明書が必要になる条件

消費者金融は保証人や担保を用意することなく融資を受けることができます。また即日融資や即日審査などのサービスが非常に高い人気を得ていることもあり、利用者は女性も増加しているそうです。原則として身分証のみで融資を受けることができますが、中には収入証明書が必要となることもあります。


法律で定められた条件は2つ

消費者金融は貸金業法という法律で管理されています。この法律は平成18年に改正され、3年前の平成22年に完全に施行されたものです。この法律改正で、収入証明書の提出が義務付けられた条件が2つあります。まずは個人の融資で一社から一度に50万円を超える場合、2つ目が、他社の借り入れなどをすべて合計した借り入れ金額が100万円を超す場合です。この2つの条件に当てはまる場合、収入証明書の提出を行わなくてはいけません。またこの条件にあてはまらない場合でも、消費者金融が各社で独自に定めている基準で収入証明書を求められる場合があります。2つの条件は法律上の条件なので、審査で必要と判断されたら書類を提出することとなります。


収入証明書として利用できる書類

収入証明書として公的に自分の収入を証明できる書類は、源泉朝中表や所得証明書類、支払調書、飼う低申告書や給与明細などとなっています。給与明細の場合、一番近い時期の明細を1か月分、ないしは2か月分、審査を行っている会社の指定された期間を提出するのが一般的です。

カテゴリー: 消費者金融 | コメントする

審査の申し込みは注意深く行うことが大切

消費者金融でキャッシングを行うには、申し込み審査が必要です。その申し込みが、審査の明暗を分ける場合があるので要注意が必要なのです。

どのようなことが審査で重要視されるのか

審査でどのようなことが重要視されるのかは、消費者金融各社で様々です。勤務先や、勤続年数、収入面、住居の形態、固定電話の有無とありますが、どの点が最重要視されているのかは、利用者には知ることが出来ません。あなたが出来ることは、事実をありのまま偽ることなく申請することです。すべてを確認され、信頼性があり、返済能力が充分にあると判断されれば、申し込み審査はクリアとなります。あくまでも、嘘をつくことなく、事実を正直に申請することが大切です。嘘はすぐばれてしまいます。

申請ミスは審査通過を危うくする

正直に申請しようとしてもミスをしてしまうことがあります。これが要注意なのです。単純な誤字であったり、勘違いからの間違いだったり。例えば住所を間違えてしまう。これが、間違いなのか偽ったのかは消費者金融側からしてみればわかりません。偽ったと判断されてしまったら審査を通過することが出来ないのです。このように、申し込みの申請には細心の注意が必要になるのです。

カテゴリー: 消費者金融 | コメントする